in キャッシング

個人の債務を管理する民間企業とは

属性スコアリングも審査では行われますが「点数付けされる属性審査」でご紹介した属性を変えていくことは簡単なことではありません。
属性を有利にするために職業を変えたとしても今度は勤続年数の評価が下がります。
簡単に独身になることもできず、やはり属性の点数を変えていくことは難しいものです。
またカードローンの審査を通るために自分の生活を根本から変えていかなくてはならないとしたらそれは本意ではないでしょう。
もう一つ審査で重要な項目があります。
それは信用情報です。
信用情報は属性スコアリングよりも重要な審査項目です。
個人の債務状況を銀行、消費者金融、クレジットカードや労金、農協、携帯電話会社など債務を扱うあらゆる業者、企業が顧客の債務情報を共有しています。
消費者金融では総量規制があり個人の借入金額は年収の3分の1を超えることはできません。
他社からの借り入れ状況を確認するためにも個人信用情報機関への照会が行われています。
事実上現在でこそ総量規制の範囲を確認するために使われてはいますが当然審査のためにも使われています。
むしろその方がメインになるでしょう。
多重債務者や不良顧客を選別するためにあると言っても過言ではありません。
信用情報が審査合否の大きなカギを握っています。
信用情報機関は現在日本には3つあります。
それぞれに中心的な取り扱い情報が異なりますが、金融事故など重要なものは3つの個人信用情報機関で共有される情報です。
「CIC ((株)シー・アイ・シー)」
・クレジットカード会社
・信販会社
・リース会社
・消費者金融
・携帯電話会社など
「全国銀行協会」
・銀行
・信用金庫
・信用組合
・農協
・労金など
「JICC ((株)日本信用情報機関)」
・貸企業
・クレジット会社
・リース会社
・保証会社
・金融機関与信など
ご覧になってもわかるように株式会社であり民間企業となっています。
それぞれに加盟している金融機関が異なります。
それでは個人信用情報機関に保持されている情報にはどのようなものがあるのかみてみましょう。
保有期間も確認することでその情報がいつまで記録される情報になるのかが分かります。
「申し込み情報」保有期間 照会日から6か月間
申込書に記入した内容の大半がここに登録されます。
・本人識別情報
氏名、生年月日、郵便番号、電話番号等
・申し込み内容に関する情報
照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名等
「クレジット情報」保有期間 契約期間中および取引終了後5年間
契約内容と支払いの状況の詳細が登録されています。
貸金業からの借り入れと割賦であるクレジットカードなどの借り入れに対しての情報に分かれています。
・本人識別情報
氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号等
・契約内容に関する情報
契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名等
・支払い状況に関する情報
報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況等
・割賦販売法対象商品の支払い状況に関する情報
割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無等
・貸金業法対象商品の支払い状況する情報
確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無等
主に管理されている情報だけでこの程度あります。
非常に多くの情報です。
これに付け加えて照会された履歴があればその詳細も書かれるなど細かに管理されています。
また金融事故情報は共有される情報です。
金融事故とはいわゆるブラック、貸し付けることにリスクが高すぎる顧客です。
3か月以上の返済の遅延、自己破産を含む債務整理、これらは金融事故として扱われておりその情報が記録されている期間は債務の契約をすることができません。
法律上できないということではなく、審査には通らないということです。
これらの個人信用情報機関にある情報の中で非常に重要視される情報がいくつかあります。
・支払い状況
金融事故とまでなるのは3か月以上の滞納ですが、短い期間だったとしても返済の遅れが頻発するようであれば貸す側にとっては危険事項です。
そのため数週間から2か月ほどの返済の遅れが複数回あると審査には不利とされています。
・利用残高
消費者金融では総量規制があり個人の年収の3分の1までが借り入れ制限となっています。
そのため消費者金融の審査では総量規制の上限に抵触しないよう確認がなされていますが銀行カードローンでもまた、年収に対する利用残高の比率が高くなると審査には当然不利な情報となります。
・申し込み履歴
短期間に3社以上の申し込みを行うと、踏み倒しの可能性を危惧され審査には不利となります。
・金融事故情報
3か月以上の遅延、債務整理は金融事故として審査に通ることはありません。
思いのほか多くの情報が個人信用機関では管理されています。
自分の情報を手数料1,000円ですが閲覧することは可能です。
インターネット上でも開示請求が行えますので銀行カードローンの審査に落ちるようなことがあれば何らかの不利な情報があるのかもしれません。

関連記事

Written By: